クリヤマグループ
企業行動規範KURIYAMA GROUP CODE OF CONDUCT

クリヤマグループ企業行動規範

クリヤマグループは、役員・社員一人ひとりが社会の一員として法令順守及び企業の倫理的価値観に基づく誠実な行動を行うことを求めます。ここに、法令順守と企業の倫理的価値観に基づく役員・社員(以下、「私たち」と呼ぶ)の具体的な基本姿勢を明らかにするとともに、日常の業務遂行において関係法令・社内規定を順守し社会規範に適合した行動を実践するための規範を定めます。

1.基本姿勢

私たちは、一人ひとりが一市民、一企業人としての自覚のもとに次の基本的な考えを理解し、日ごろからその考えに沿った行動を心掛けます。

  • 1.私たちは、国内外の関係法令、国際ルール、本規範および会社の定める規程を順守し、公正で健全な企業活動を推進します。
  • 2.私たちは、すべての人の人権を尊重し、人種、性別などによる差別的取り扱いや、個人の尊厳を損なう行為は行いません。
  • 3.私たちは、国際社会や地域社会の文化や慣習を尊重し、その発展に貢献します。
  • 4.私たちは、地球環境を保全し持続可能な社会づくりに貢献します。
  • 5.私たちは、社会的に有用な製品・サービスの提供を、品質・安全・環境に十分配慮し行い、顧客の満足と信頼を獲得します。
  • 6.私たちは、公正、透明、自由な競争を行うとともに、政治、行政そして市民及び団体と、健全かつ正常な関係を維持します。
  • 7.私たちは、企業情報を公正かつ適時に開示し、企業活動の透明性を高めます。
  • 8.私たちは、個人情報、顧客情報を含む情報資産の適正な管理を行います。
  • 9.私たちは、クリヤマグループの一員として、責任、自覚、品位をもって、誠実に行動し、組織の倫理風土を継続的に改善します。

2.法令ならびに社会的規範の順守

  • 1.私たちは、事業活動を行うにあたり、その国や地域の法令と社会的規範を順守するとともに、いかなる場合においても、法令に違反する行為や疑惑を生む行為は行いません。また、不法行為や疑惑を招く行為を支持しません。
  • 2.私たちは、政治、行政との健全かつ正常な関係を保つとともに、社会秩序や健全な事業活動を阻害する個人、団体とは関わりを持ちません。

3.自然環境への配慮

私たちは、地球環境の保全と循環型社会の構築に貢献するため、商品や部品、また製品の原料調達から製造、流通、使用、リサイクル・廃棄までのライフサイクルにわたって生じる環境への影響を低減するとともに、関係法令および各種規制を順守します。

4.人権の尊重

  • 1.私たちは、事業活動のあらゆる分野において、基本的人権および個人の尊厳を尊重し、嫌がらせ、侮辱、言葉による虐待、職務上・取引上の立場を利用した不当な強要などの行為を一切行いません。
  • 2.私たちは、国籍、人種、民俗、性別、年齢、宗教、信条、心身における障害などによる、差別となる行為を一切行いません。
  • 3.私たちは、いかなる差別的言動、暴力行為や性的嫌がらせなどの行為も一切行いません。

5.個人情報の保護

私たちは、すべての人のプライバシーを尊重するとともに、個人情報保護法およびその他の関連法令を順守し、個人情報の適切な取り扱いとその保護に万全を尽くします。

6.職場環境の整備

私たちは、私たち一人ひとりがその能力を最大限に発揮できるようお互いに相手を尊重すると共に、自由に意見を交え、明るい環境を整えます。そのために、安全かつ衛生的で、働きやすい職場環境を確保します。

7.独占禁止法等の順守

私たちは、独占禁止法およびこれに関連する法令を順守して公正な事業活動を行い、談合やカルテル行為など公正かつ自由な競争を阻害する行為を行いません。

8.不当な広告等の禁止

私たちは、広告・宣伝その他の営業活動において、商品・サービス等の品質、性能、仕様について事実に反する表示・表現、または顧客の誤解を招くような表示・表現を行いません。また、競合会社やその商品・サービス等について虚偽および誤解を招くような表示・表現を行いません。

9.知的財産権の尊重

私たちは、第三者の特許権、実用新案権、意匠権、著作権およびサービスなどの知的財産権を尊重し、故意に侵害または不正使用を行いません。

10.輸出入関連法規の順守

私たちは、製品、技術、役務等の輸出入取引について、「外国為替及び外国貿易法」および是に関連する国内外の法令を順守します。

11.不正な利益の禁止、接待・贈答への対応

私たちは、その地位を利用して不正に個人的な利益を得るような行為を行いません。また、取引先との接待や贈答品の接受に関しては、健全な商習慣や社会常識に沿った行動をします。

12.企業秘密の管理

  • 1.私たちは、業務上作成または取得される情報については、社内規定に従って適正・厳重に管理します。
  • 2.私たちは、企業秘密については、会社の業務に関してのみ使用し、在職中は当然のこと、退職後も、不正または不当に使用しません。

13.企業秘密の管理

企業行動規範に違反する行為は、就業規則による懲戒処分や損害賠償の対象とします。

14.運用体制

  • 1.この規範の制定および改廃は、クリヤマホールディングス株式会社の法令順守担当部署の審議を経て、クリヤマホールディングス株式会社の取締役会が決定するものとします。
  • 2.この規範の順守状況については、クリヤマホールディングス株式会社の監査部が監査を行い、社長室が確認するものとします。
  • 3.この規範は、クリヤマグループ各社の取締役会での採択により、各社の役員・社員に適用されるものとします。
  • 4.クリヤマグループ各社は、各社の取締役会での決議に基づき、この規範と矛盾しない範囲でこの規範の内容を変更することができるものとします。この場合、変更の内容をクリヤマホールディングス株式会社法令順守担当部署へ報告するものとします。