株価情報 証券コード3355
【注意事項】 本サイト内の資料に記載されている、クリヤマホールディングス株式会社の現在の計画、戦略、確信などのうち、歴史的事実でないものは将来の業績等に関する見通しであり、リスクや不確定な要因を含んでおります。実際の業績は、さまざまな要因により、これら見通しとは異なる結果となりうることをご承知おきください。
IRポリシー
1.情報開示の基本方針について
HDは株主・投資家の皆様をはじめとした全てのステークホルダーに対し、法令遵守はもとより、投資判断に影響を与える情報に関して、東京証券取引所の定める「上場有価証券の発行者の会社情報の適時開示等に関する規則」(以下、「適時開示規則」という。)に従って、公平かつ適時・適切に情報を開示いたします。
2.情報開示の基準について
HDは、株主及び投資家の皆様の投資判断に影響を及ぼすと判断される「適時開示規則」第2条に定められた情報を重要情報として取扱い、適時・適切に開示いたします。なお「適時開示規則」に該当しない情報につきましても、当規程の趣旨を踏まえ、HDホームページ等において適時・適切に開示していきます。
3.情報開示の方法について
適時開示規則に該当する情報の開示は、同規則に従い、東京証券取引所への事前確認の後、同取引所の提供する適時開示情報伝達システム(TDnet)にて公開しています。TDnetにて公開した情報は、HDホームページに速やかに掲載することとしております。また、会社説明会や各種印刷物など様々な情報伝達手段を活用し、一人でも多くの株主・投資家の皆さまに分かりやすい情報開示を行ってまいります。
4.将来の見通しについて
HDが開示する情報の中には、将来の見通しに関する事項が含まれている場合がありますが、予想数値につきましては、開示時点で入手可能な情報に基づき判断した見通しであり、多分に不確定な要素を含んでいます。実際の業績は、業況の変化などにより異なる場合があります。従いまして、HDの業績、企業価値を検討するにあたっては、これらの見通しだけに全面的に依拠することはお控え頂くよう、ご説明しております。
5.沈黙期間の設定について
HDは決算情報の漏洩を防ぎ、公平性を確保するため決算期日の翌日から決算発表日までを沈黙期間としています。この期間は決算に関する質問への回答やコメントを差し控えさせております。但しこの沈黙期間中にHDが公表した業績予想を大きく外れる見込みが出てきた場合には、プレスリリースにより適宜公表することにしております。
6.内部情報等の取扱について
HDは、当ポリシーを「内部情報管理規程」「内部者取引防止規程」その他に規定し、役員及び従業員に周知徹底させると共にその教育に注力し、情報漏洩やインサイダー取引の防止に努めます。
7.その他
HDの情報を検索頂く際には、本ポリシーに加えて、別途掲載の免責事項も合わせてご参照下さい。