株価情報 証券コード3355
【注意事項】 本サイト内の資料に記載されている、クリヤマホールディングス株式会社の現在の計画、戦略、確信などのうち、歴史的事実でないものは将来の業績等に関する見通しであり、リスクや不確定な要因を含んでおります。実際の業績は、さまざまな要因により、これら見通しとは異なる結果となりうることをご承知おきください。
代表取締役社長 能勢 広宣
経営方針

トップメッセージ

株主の皆様へ

 当社は1939年(昭和14年)にゴム製品の卸売業として、創業者栗山芳雄により創業されました。以来、国内ではゴムメーカーである王子ゴム化成や技術開発の拠点であるクリヤマ技術研究所を設立し、工業用ゴム製品の製販一体の事業を確立してまいりました。また同時に昭和30年代より海外の建材やスポーツフロアの輸入も開始、事業領域の拡大を図ってまいりました。
 一方、海外においては1968年(昭和43年)にクリヤマオブアメリカを設立、産業用ホースの製販一体型ビジネスを展開してまいりました。現在では北米における産業用ホースのトップブランドにまで成長しております。

 現在のクリヤマグループは各事業領域において独自のユニークな製品開発に一層の拍車をかけております。 国内では当社のサプライヤーであった尿素センサーメーカー(株)サンエーを2015年に買収、当社の顧客である建機、農機メーカーへのプレゼンスを高め、排ガス規制に対応した製品開発を推進いたしました。 また海外ではレイフラットホースのトップブランドであるTIPSAグループを2015年に買収、スペインとアルゼンチンに製造拠点を確保しました。現在は北米の産業用ホース事業とのシナジーの最大化を推進しております。 また来るべき2020年東京オリンピック、パラリンピックは当社のスポーツフロア及びオリジナル建材にとっては最大の追い風となっており、更なる事業の拡大を目指してまいります。

 このようにクリヤマグループは顧客ニ−ズへのより迅速な対応と市場の変化への諸施策を着実に推進することにより、収益力の向上を図り将来の成長・発展を期してまいります。 これからも株主の皆様をはじめ、全てのステークホルダーの皆様の信頼を第一に、更なる研鑽を重ねてまいる所存です。

 皆様の末永いご支援とご鞭撻を賜りますようお願い申し上げます。