株価情報 証券コード3355
【注意事項】 本サイト内の資料に記載されている、クリヤマホールディングス株式会社の現在の計画、戦略、確信などのうち、歴史的事実でないものは将来の業績等に関する見通しであり、リスクや不確定な要因を含んでおります。実際の業績は、さまざまな要因により、これら見通しとは異なる結果となりうることをご承知おきください。
経営方針

事業展開方針Business Policy

当社グル−プの事業は、向け先顧客・製品・用途別に「北米事業」「欧州事業」「産業用資材事業」「建設用資材事業」「スポ−ツ施設用資材事業」「その他事業」に分類しておりますが、それぞれ次の事業展開をしてまいります。

  • 北米事業

    北米における「産業用ホ−ス」は、アメリカ・カナダで確固たる製造・販売基盤を確立し、業界ポジションもトップクラスにあり、当社グル−プの利益のコアになっています。当社グル−プが北米で製造・販売する産業用ゴム・樹脂ホ−ス市場は、新製品・新用途の開発により、更なる業績拡大を図れるものと考えていますので、各拠点の合理化投資をはじめ、引き続き積極展開を進めていきます。

    北米事業
  • 欧州事業

    欧州における「産業用ホ−ス」は、スペインとアルゼンチンに製造・販売拠点を有し、主に、ゴム製レイフラットホースの製造販売を手掛けています。今後、北米事業との融合を図り、グローバル展開を更に促進していきます。

    欧州事業
  • 産業資材事業

    国内部門における「量産機械用資材」は、顧客の国際化が急速に浸透しつつありますので、当社グループの強みであります海外対応能力を生かし、長年に及ぶ取引関係にある顧客ニ−ズに応えるよう注力していきます。 船舶・電力向け等の「プラント用資材」は、顧客との継続的取引関係を活用しつつ、海外調達品の提供・周辺分野商品の拡大等により着実な展開をしていきます。

    産業資材事業
  • 建設資材事業

    公共投資の減少や価格競争の高まりが見られる「道路橋梁用資材」「港湾土木用資材」は、選別受注の強化とコスト削減により収益確保を図っていきます。 引き続き伸長が期待できる「都市景観用資材」や環境・バリアフリ−等の新たな公共投資や活発な民間設備投資に対応する「建築用資材」分野については更なる強化を図り、重点営業分野転換を進めていく方針です。合わせて、海外調達品等新商品の投入・建設派生分野商品群の拡大・一括工事受注にも注力していきます。

    建設資材事業
  • スポーツ施設資材事業

    新設スポ−ツ施設は頭打ちの傾向にありますが、健康志向の高まりと種目の多様化による施設の充実化や改善ニ−ズが活発化しています。例えば、土質から当社グループのFIFA認定商品のイタリア製人工芝にグレ−ドアップするニ−ズが急速に高まっています。このような市場変化に備え、「インドア用」「アウトドア用」共に、国内独占販売権を有する当社の特徴ある海外製品の魅力をアピ−ルし、シェア拡大を図っていきます。

    スポーツ施設資材事業
  • その他事業

    「輸入アウトドア用品販売」「研究・商品開発」については共に、補完・サブビジネスとしての特化と採算性の維持・強化を図っていきます。

    その他事業