持株会社体制について

1. 純粋持株会社 設立の目的

(1)柔軟な戦略策定と経営資源の最適な配分
持株会社は、グループ戦略策定、グループ会社の統括、経営資源の配分決定に専念し、営業活動(商売)は事業会社が専念。
(2)グループ全体のマネジメント強化
日本、アメリカ、カナダ、オランダ各国に中核事業会社を設け、中核事業会社の代表取締役は担当する国のグループ会社を統括(指揮、監督)。
(3)グループとしての企業価値の最大化
各事業会社が保有する多様な経営資源を持株会社の指導の下、柔軟かつ効率的に活用し、グローバル戦略を迅速に推進することにより、企業価値の向上を目指す。

2. クリヤマグループ資本体系図イメージ

資本体系イメージ